親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住む、金融業会とは無縁な職種の会社員です。 人生100年時代といわれる世の中を生きていくため、学校はおろか親からも教わったことのない『お金と資産形成』という世界を我が子に教える為、自ら学び・実践しております。 このブログは、その軌跡とアウトップトの集合体です

NISA

つみたてNISAの年間投資枠も、たぶん増えない

こんばんわ、きしやんです★ 先日、共同通信からのNISA恒久化見送りに関する報道を受けて投資クラスタは 騒然とし、Twitterでも多くの議論が行われました。 私もブログにて見解を述べましたが、投資クラスタが問題と指摘したのは主に2つ ・年間120万円投資で…

万人向けのNISA制度は無理だが、議論と主張は大切

こんばんは、きしやんです☆ 日本には少額非課税制度として一般NISA、ジュニアNISA、つみたてNISAの3種類が 存在します。このうち一般NISAとジュニアNISAに関しては制度自体が2023年で 終了の予定となっているので、投資クラスタはNISAの行く末に注目していま…

つみたてNISAの年間40万円分を積みたててるだけでも、充分凄い!

こんばんは、きしやんです☆ 有名&人気投資ブロガーさんのとこには、投資に関する相談をされる人がいらっしゃい ます。怪しいFPや証券会社に人間に相談して痛い目に合うより、実際に投資を通じて 資産を築いている人の方が、信頼できる気持ちはよく分かりま…

ジュニアNISAの存続性に対して、どうするべきか考えた

日本には資産形成の一助として、確定拠出年金やNISAという非課税制度があります。 後者のNISAに関していうと、非課税期間・年間投資枠・年齢制限によって ・一般NISA ・ジュニアNISA ・つみたてNISA の三種類あります。今回の記事では、先日のオンラインオフ…

つみたてNISAの銘柄で迷った時は

おはようございます、きしやんです。 私がThe Motley Fool Japanへ寄稿 している記事が掲載されたので、紹介させて いただきます。 当ブログの『きしやん』なら野村つみたて外国株投信を推したいとこですが、 メディア向け記事になるのでそれはできません(…

つみたてNISAとiDeCoの基本戦略

おはようございます、きしやんです。 私がThe Motley Fool Japanへ寄稿 している記事が掲載されたので、紹介させて いただきます。 つみたてNISAやiDeCoのように、最初から長期投資が大前提となっている場合 1番期待リターンが高い投資手法を選ぶのがMore Be…

国民は賢明である ~老後資金2000万円が足りないとかの件に関して~

こんばんは、きしやんです☆ 金融庁が公開した高齢社会における資産形成・管理を端に、メディアも国会もSNSも 『老後資金2000万円足りない』『日本の年金制度崩壊』等の報道が目立ちます。 この件に関して私なんかが今さらブログで記事にするぐらいなら、つら…

つみたてNISAの『年初一括投資 vs 毎月積立て投資のリターン差は!?』

こんばんわ、きしやんです。 投資家&投資ブロガーの中でもよく議論が勃発するジャンルが、『一括 vs 積立て』は どちらが優れてるのか!?です。 この比較はそもそも投資元本をどう定義するのかがネックなので、私は議論する意味が ないと思っています。な…

隣の家の人も、積み立て投資を始めてるかもよ?

※金融庁作成 こんばんわ、きしやんです。 国は2018年から一般家庭の資産形成の後押しとして、年間投資枠40万円・非課税期間 20年の「つみたてNISA」という制度がスタートしました。 つみたてNISAの制度がスタートして1年経ち、金融庁のHPにてつみたてNISAの …

2018つみたてNISA損益状況:FOY2017上位入賞各銘柄はいかに!?

こんばんわ。 金融庁が世帯の資産形成の一助にと2018年から始まった つみたてNISA。 つみたてNISAは投資可能枠が年間40万円と決して多くはないものの、投資による 利益に対して20年間も非課税となる魅力的な制度です。 2017年から好調な相場環境で投資に興味…

大盛況にて終了! つみたてNISA Meetup in 熊本☆

こんばんわ。 昨日の12月1日(土)は熊本で初めての つみたてNISA Meetup(つみっぷ)が 開催されました。 つみっぷ熊本への参加人数は32名(男性:22名/女性:10名)となり、大盛況にて 終えれました。 投資ブロガーで来られていたのは、べーやんとニーサ…

残すとこ1週間! つみたてNISA Meetup in 熊本

こんばんわ。 金融庁が主催するつみたてNISA Meetup in 熊本が、12月1日(土)に熊本市内 未来会議室にて開催されます。 つみたてNISA Meetupとは、つみたてNISAの活用セミナー&意見交流会です。 私がこくちーずで募集人数を把握していた2週間前時点で、つ…

つみたてNISA Meetup in 熊本の専用画像公開と、申し込み方法の変更

こんばんわ。 12月1日(土)に開催される、つみたてNISA Meetup in 熊本の公式画像が金融庁HPに アップされました。 www.fsa.go.jp 今回の画像アップに伴い、募集方法が こくちーず⇒金融庁HPでの一括募集に変更と なりました。 今日までに参加申し込みされた…

12月1日(土) つみたてNISA Meetup in 熊本(つみっぷ熊本)が開催されます!

こんばんわ! 金融庁が主催している つみたてNISA普及活動&個人投資家達との交流会である つみたてNISA Meetup(つみップ)が、12月1日(土)の17:30から熊本市内の 未来会議室にて開催されます! つみっぷ熊本の開催に関してはコツコツ熊本を立ち上げた直…

つみたてNISAで投資デビューした人たちの、損益状況はどうなのか?

こんばんわ、きしやんです。 2018年1月から金融庁の肝いり政策「つみたてNISA」がスタートし、利用されている 人も多いかと思われます。私も利用しております。 しかし2018年の市場環境は2017年の様な右肩上がりとはいかず、2月・8月・10月に 一時的な下落が…

証券会社(販売会社)によって手数料は変わるのか?

おはようございます 投資信託に発生する費用(コスト・手数料とは言わず、あえて費用と言いました)は 主に4つで、スポーツクラブの例を交えて説明すると ①購入時手数料:入会金 ②信託報酬:日々徴収される年会費 ③信託報酬以外の運用発生費用:年会費以外に…

積立NISAの人気も、コツコツ上げていこう

おはようございます。 ダイヤモンドオンラインの記事によれば、積立NISAが出だしで躓いているそうです。 2017年末時点での申し込み件数は19万6000口座だそうで、 この数字が多いか少ないかでいうと、決して少なくないのでは? diamond.jp

夫婦二人で年間80万円! 界王拳積立NISAを有効に「使い出した」

こんばんわ。 積立NISAは年間枠が40万円と少ないことが、一般的にデメリットとされています。 しかし結婚していると、配偶者にも積立NISAの口座を作らせることによって、 世帯としての積立NISAの年間枠は80万年になります www.oyagakoniosieyou-fosterassets…

ミュージカルCM 積立NISA始まるよ~♪  by三菱UFJ国際投信

正月ぐーたら生活でTVを流していたら、なんか聞きなれたフレーズが リズミカルに聞こえてくるではないですか。 つみたてNISA~♪ 小額でもできるんです♪ 俺にも出来そうな気がしてきた♪ なんや!? なんや!!?? www.youtube.com 大好きな石原さとみを見つ…

SBI証券から積立NISAの運用開始!・・・されてました。。。

2018年から積立NISAが始まります。 2017年も残り2週間、サンタが来るより積立NISAを楽しみにしている 私ですが、仕事帰りにGmailに届いたSBI証券からのメールを見て 目が点になりました なにぃぃ!!始まっとるやんけぇぇぇ!!しかも昨日から・・・

なに!? 積立NISAに関する根本的な勘違い・・・

2018年からいよいよ積立NISAが始まります。準備進んでますか?? 積立NISAは年間投資枠が40万円と決して高額ではないものの、20年間積立れば 合計800万円にもなりますので、合計投資金額は通常NISAの600万円を上回ります。 それでいて非課税期間が20年もある…

2倍界王拳!!  積立NISAだぁ”ぁ”ぁ”ぁ”!!

2018年から始まるNISAシリーズ、第三弾の「積立NISA」 積立最大のメリットは、運用利益に対する非課税期間が20年という長期間。 デメリット(?)は年間投資枠が通常NISA120万なのに対して、 積立NISAは年間40万円と少ないところです。 それに対する私の考察…

積立NISAの年枠40万円って少ないと思わない?って聞かれました。 積立NISAに関して内容をまとめますか

会社の同期から「年間枠40万円って少ないと思わない?」って聞かれました。 私自身がNISAを利用していないのでブログでもあまり記事にしてませんが、 来年から始まる積立NISAは満額・満期間シャブリつくすまで利用します。 積立NISAは国が発信する「貯蓄から…

積立NISAも積立投資もこれで決まり!  野村つみたて外国株 or 楽天全世界株式インデックス or 個別銘柄ポートフォリオを比較する

来年から積立NISAが開始となり、金融庁からは厳しいフィルターで厳選された結果 積立投資に適合している103本の投資信託が残りました。 okanetotousinosekai.hatenablog.jp 積立NISAは、1口座あたり20年間 運用益が非課税となりますので、どの 投資信託で運…

金融庁から つみたてNISA対象商品の一覧がUPされました

金融庁のフィルターにより、対象となった商品数は103本で、 インデックス投信が90本、アクティブ投信が13本となります。 http://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20170614-2.html

積立NISAで対象となる投資信託はなんと!100以上!!

headlines.yahoo.co.jp こんな記事がYahooで発表されたって事は、9月に入ったら積立NISAの 対象となる商品が発表されそうですね!

積立NISA 始めました♪(2018年からですが)

投資による減税制度(口座)はNISAに始まり、ジュニアNISA、iDeCo(アメリカで言う401k=確定拠出年金)と続き、積立NISAが2018年から始まります