親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住む、金融業会とは無縁な職種の会社員です。 人生100年時代といわれる世の中を生きていくため、学校はおろか親からも教わったことのない『お金と資産形成』という世界を我が子に教える為、自ら学び・実践しております。 このブログは、その軌跡とアウトプットの集合体です

まさかの二日連続の大阪オフ会

f:id:kishiyan_y:20211018123118p:plain

 

 

こんばんは、きしやんです。先週の土日は、大阪にいました。

オカンの命日でちょっとした法事があっての帰省。

って計画だったんですが、1週間前にオヤジが脳梗塞で入院。幸い、初期症状に気付いて病院に行ったみたいで、治療の入院という流れです。電話での話し声は、いつも通りな感じで安心しました。

 

で、実家帰省の話が決まった5月のタイミングで、ミスターマーケットさん(以後、ミスマさん)にオフ会やりたいの連絡をとりました。

なもんで、オヤジは脳梗塞で入院して会うこともできないんですが、今更帰省しない訳にも行かず、邪な動機で帰省したのですw

※コロナ禍により病院は面会NG

 

 

続きを読む

いろんなインプットの過程で変化した考え ※主に資産運用・経済に関して

        卵, ひび, ひび割れ, 割れた, 壊れた, 打ち砕かれた, 砕く, 挫折, ショック, 落とす, 落ちた

 

お久しぶりです、きしやんです。


本を読んだり、話(講習含む)を聞いたりしてインプットを増やすと、アウトプット段階では大きく二つに分かれます

①自分の考えがより強化される

②自分の考え方が変わる

実は①というのは良い影響よりも、良くない影響が強くなります。

悪い影響として有名なのはエコーチャンバー現象という、周囲の意見に耳を貸さず、自分たにとって都合の良い意見が、より強固な考え方になる現象です。新興宗教や洗脳なんかは、まさにこれですね。

①の良くない影響の二つ目が、センメルヴェイス反射と呼ばれる考え方を変えられなくなる認知バイアスです。

なんたら学賞を受賞した人の理論が、後々になって正しくなかったことが分かっても、本人が絶対に考え方を変えない現象です。

当然ながら新たにインプットをしたからといって、自分の意見を何でもかんでも変える必要はありません。重要なのは自分の考え方を適切に強化しつつ、他者の意見も取り込むことで、自分の観点・視野を広げることです。

これが①でも②でもない、③の良いアウトプットになります

 

長くなりましたが、今回は私自身に関したそんな観点の記事です

 

  • 1.為替加味すると日本からの資産運用は教科書通りにいかない?
  • 2.米国を除いた先進国市場は、アクティブファンドがほぼ勝てないって『事も』なさそう
  • 3.自国建て通貨による国債を発行している日本は財政破綻しない
  • 4.信用貨幣制度による格差の拡大
  • 5.リスク許容度の見積には己の健康も大きな問題となる
  • 6.中国に偏り過ぎのはちょっとやめよう
続きを読む

中止の案内:第21回コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 熊本【オンライン】

こんばんは

 

一身上の都合により、今回のコツコツ熊本は中止とさせていただきます。

せっかく申し込んでくださった皆様、申し訳ありません

MP2からMP3への転換が必要 ~世界に忍び寄る停滞とデフレ 「日本病」絶つ戦略再起動~

      ファンタジー, 精神, 悪夢, 夢, 出没, 地球外の, 霧, 気味の悪い, 神秘的, ムード, 不思議な

 

こんばんは、きしやんです

先日 日本経済新聞電子版に、世界経済に忍び寄る日本病に関する記事が掲載されてました。

 

www.nikkei.com

 

有料会員向けの記事のなので内容をざっくり要約すると、世界人口の延び率低下に伴って世界経済の成長率も低下していく懸念があると。日本は1990年代に生産年齢人口の減少が始まり、経済成長率の低下が起こりました。高齢化による問題は世界中の懸案のため、欧米では日本みたいな低成長になることが心配されています。

続きを読む

健康寿命の観点から考えるFIREの時期

    ジョギング, 走る, スポーツ, ジョグ, スポーティー, 人種, 動き, スニーカー, あちらへ, 靴

 

こんばんは、きしやんです

FIREとはFinancial Independence, Retire Earlyの略語で、経済的自立と早期リタイアの意味になります。ここ数年?欧米を中心に明文化されたライフプランの1つです。

そのFIREに関して先日、楽天証券のトウシルに興味深い記事が掲載されていました。寄稿者は資産運用界隈では有名な山崎俊輔さん。

 

media.rakuten-sec.net

 

内容をざっくり要約すると、日本人は世界的にも長寿の国なので、50代や60代でのFIREでも十分とのことです。

なにが十分なのかはさっぱり分からないんですが、誰しもいつかは歳をとって働けなくなり、生活の一部を公的保障(年金・介護・生保)に頼った状態になります。

つまり、いつかはFIすることにはなるんですが、上記記事の「50代や60代でのFIREでも十分」となると、ただの定年退職ですや~~ん!って思いました。

とは言っても上記考えは俺の主観でしたありません。

FIREって概念は欧米からきてるっぽいので、ここは日本人の健康寿命を観点としたFIRE時期を考えてみたいと思います

 

続きを読む

人生100年時代を見据えた遺伝子レベルでの生活習慣

    Dna, ヘリックス, ストリング, 生物学, 3 D, バイオ テクノロジー, 化学, 薬, リサーチ

 

こんばんは、きしやんです

連日のブログ投稿になります。短文でもいいから、資産形成に関する記事を毎日更新続けたいですね!※何回目の誓いやら

 

先日、フクロウさんTwitterで紹介してた本を図書館にリクエストし、ざっくり読み切りました。内容としては、現在の遺伝子学で分かっている遺伝子レベルでの老化のメカニズムと、その対処法が掲載されています。

 

 

 

科学に少しでも興味があれば、物凄い面白いからお勧めです。

しかし少し残念だったのが、現段階で実践すべき科学的な内容が掲載されていないとこですかね。そんな中でも、本書の内容から実践できそうな内容をピックアップします

 

続きを読む

賢者が最初にやることを愚者は最後にやる

 

       f:id:kishiyan_y:20210825220524p:plain

 

ウォーレンバフェットすらも引用した言葉になります

 

こんばんは、きしやんです

なんか最近、レバナスが流行ってますね。

レバナスとは、 米国のNASDAQ指数にレバレッジをかけた投資手法のことですわ。

大和証券が運用するiFreeシリーズの中に、NASDAQ100指数の値動きにレバレッジのかかった商品がありますね。投信なので、100円から買えますしね。

あとは詳しく知らないですが、QYLD?というカバードコールETFなるのもあるそうです。

さてそのレバナスですが、Googleトレンドで検索キーワードを調べると、ほんとここ最近に注目しだしたのが分かります。

 

f:id:kishiyan_y:20210825220851p:plain

 

ん~~~昨年のコロナショック以降、Twitterでは極端な投資手法が「2~3か月」単位で流行り廃りしますね。

記憶をたどると、昨年末はNIOやTESLAなどのハイテクEV系が流行って、年初はクリーンエネルギー系。そん次はキャシーウッド率いるARKイノベーションシリーズ。からの、小型ハイテクグロース。

そこからしばらく時間が空いて、今回のレバナスですね。

ここまでの時間軸で、おおよそ半年ちょいですわ。

なぜこんなに流行り廃りしてるのかというと、レバナスまでのトレンドは全て崩れていったからです。

 

いやいや、信じている投資手法や銘柄なら、暴落した時こそ逆張りで積み立てるもんなんじゃないでしょうか?

コロナショックの時は指数連動銘柄を積極的に積み立ててる人が多かった印象ですが、ここまでの流行り手法&銘柄を、今も声高らかに積極的に積み立てている人は『ほぼ皆無』ですわ。

ここまで流行り廃りがあったからといって、レバナスも同じ様な道を辿るかは分かりません。しかし何かの投資本に書いてましたが『レバレッジをかけだすと相場の天井なのではなく、相場の天井に近づくとさらなるリターンを求めてレバレッジをかける人が増える』と。

 

そしてここ数日で、世界経済や金融システムに対して不穏なニュースも出てきてます

jp.reuters.com

 

jp.wsj.com

 

米国の投資家にいたっては、レバレッジの削減を始めたようです。最近の日本人投資家と真逆ですね

 

 

当然ながら、相場の予想は不可能です。

このまま順調に上がり続けるかもしれませんし、急に崩れるかもしれません。

ハワード・マークスの言葉を引用すると

予想は不可能。準備は可能。

 

相場の予想を外してもなんら問題はないですが、個人投資家が一番侵してはいけないミスは資金管理です。私は自分に運も実力もない平凡投資家なので、声が高くて煌びやかな場所には近づかないようにします。

 

自分の世帯が火の車にならないような投資をしていきたいですね。

以上です。

 

それでは皆様、良い投資ライフをお過ごしください☆

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。

 良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村