親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

お勧めの米国株式インデックスファンドはどれ?リターンを比較検証:iFree S&P500 vs 楽天VTI vs Slim S&P500

      ãã¢ã¡ãªã«å½æãããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

こんにちわ。

ウォーレンバフェットを始め、株式投資はS&P500(米国)指数を対象とした

低コストなインデックスファンドのみで良いと言われており、実際にアメリカ株式は

世界時価総額比率の半分を占めております。

 

         f:id:kishiyan_y:20180930101400p:plain

 

しかし日本にはS&P500等の米国市場を対象とした低コストなインデックスファンドが

なかったのですが、2017年に大和証券がiFree S&P500を皮切りに、楽天投信顧問が

バンガードのETF「VTI」を買い付けるだけの楽天VTIを設定。

 

そして2018年7月に三菱UFJ国際投信がeMAXIS Slim S&P500を設立し、米国株価が

史上最高値を更新していることから、米国集中投資に人気が出ております。

 

 Slim S&P500が設定されて四半期が経ったので、これら3つのインデックス

ファンドの内、どれが1番お勧めなのか検証したいと思います。

 

結論からすると、数百億円規模のマザーファンドによる現物株式100%で安定運用が

可能なeMAXIS Slim S&P500を推奨します。

※ 4半期ごとに継続して比較していこうと思います。

 

 1.3つの投資信託の特長

iFree S&P500

運用会社:大和投資信託

信託報酬:0.243%

対象指数:S&P500(配当抜き)

<特長>

ファミリーファンド方式による運用だがマザーファンド新設の為、運用開始当初は

100%現物株式運用ではなくポートフォリオの30%はi-SHARES CORE S&P500

ETFで運用しておりました。

 

2018年3月30日時点の請求目論見書にはETFが26.9%となってましたが、2018年8月の

月次レポートを見る限りほとんど現物株式運用になっております。

f:id:kishiyan_y:20180930103311p:plain

 

楽天VTI(楽天・全米株式インデックス)

運用会社:楽天投信投資顧問

信託報酬:0.1696% ※信託報酬0.1296%+VTI経費率0.04%

実質コスト:0.271%

対象指数:CRSP US トータル・マーケット・インデックス(円換算)

<特長>

マザーファンド新設のファミリーファンド形式での運用。構成銘柄はバンガードのETF

VTIを100%。

ETFを買い付けるだけの投資信託であり、さしずめファンド・オブ・ETF

 

f:id:kishiyan_y:20180930104042p:plain

 

楽天VTIは、VTIからの配当金に対する外国税控除ができない為、その分は現物株式

運用に対して不利になります。

 

eMAXIS Slim S&P500

運用会社:三菱UFJ国際投信

信託報酬:0.1728%

対象指数:S&P500(配当込み)

<特長>

3つの米国株式インデックスファンドの内、信託報酬が最安値にも関わらず、純資産

総額の増加に伴い、さらなるコストダウンを行うと明示しております

  f:id:kishiyan_y:20180930104545p:plain

 

三菱UFJ国際投信にはS&P500のマザーファンドが新設されたから不安視している人が

多かったのですが、実は平成25年には設定されております。

※EDINETのリンク先参照

 

私が三菱UFJ国際投信に電話聞き込みした限り、純資産総額は100億円を超えている

ようなので、安心・安定の現物株式100%運用が可能となっております

 

 

2.対象指数違いによる銘柄数の影響

S&P500

その名の通り銘柄数は500社で、米国株式市場全体の時価総額上位85%をカバー

 

 

CRSP US トータル・マーケット・インデックス

米国市場の投資可能な大型株~小型株100%となる4000銘柄

 

ではこの銘柄数によってリターンに違いがあるのかというと、CRSP US トータル・

マーケット・インデックスがカバーしている小型株式は時価総額全体に与える影響が

小さく、両社の株価指数に差異はありません。

 

これに関してはバンガードの創設者ジョン.C.ボーグルが著書『インデックス投資

勝者のゲーム』の「第三章 企業に賭けろ」にて、下記のように結論付けております

 

1926年までさかのぼってアメリカのすべての株式がもたらしたリターンを

算出した。

S&P500とダウジョーンズ・ウィルシャー・トータル・ストック・マーケ

ットインデックス(大型株式~小型株式まで3099銘柄)のリターンはほぼ

同等であった。

 

2つのインデックスのリターンの長期的な相関は0.99もあり、どちらを選択

しても差異はない。

 

3.iFree vs 楽天VTI

eMAXIS Slim S&P500は運用期間が短いので、まずは同期ファンドであるiFree S&P500

楽天VTIの営業日毎リターンを算出し、iFree S&P500のリターンから楽天VTIの

リターンを引いて、どちらのファンドのリターンが高いのかを比較します

 

f:id:kishiyan_y:20180930111355p:plain

 

下段のグラフを見る限り全体的にiFree S&P500が有利に見えますが、経常的な

リターン差があるのなら1年近い期間で比較すると、右肩上がり(iFreeのリターンが

高い)のグラフになるはずですが、平均+0.68%から変化ありません。

 

つまり、iFree S&P500と楽天VTIの運用成績はほぼ同等と見て良いでしょう。

と言うことは、iFree S&P500の実施コストも0.27%近い可能性があります。

 

4.eMAXIS Slim S&P500も合わせた四半期比較

 

上記のチャートグラフと同様に算出しました

     f:id:kishiyan_y:20180930111946p:plain

 

・・・・iFreeは運用が不安定なのだろうか?

 

上記赤丸部位でSlim S&P500と楽天VTIは一緒にマイナスリターンを示している時に、

iFreeだけがプラスリターンとなってますね。。。

 

では上記赤丸部位の乖離部分以降をゼロ点としてリターンを算出しなおしたのが

下記グラフになります

   f:id:kishiyan_y:20180930112146p:plain

 

9月29日時点でのチャートを見ると、eMAXIS Slim S&P500のリターンが頭1つ

抜けていることが分かります。

 

ではeMAXIS Slim S&P500のリターンからiFree S&P500と楽天VTIのリターンを

引いたのが、下記グラフです

 

    f:id:kishiyan_y:20180930113123p:plain

 

eMAXIS Slim S&P500運用開始直後の1ヶ月間(7月)は運用が安定していないのか

iFree S&P500と楽天VTIとの差異グラフにノイズが大きいものの、8月からは

差異グラフが安定しております。

 

楽天VTI比では、徐々にeMAXIS Slim S&P500のリターンが楽天VTIを上回ってる

気配がありますが、iFree S&P500比ではグラフがフラットになっております。

 

・・・iFree S&P500とリターンが同等だとすると、eMAXIS Slim S&P500も実質

コストが0.27%近く(≒楽天VTI)あるのでしょうか?

 

 

 

<まとめ>

・iFree S&P500は全体的に運用が不安定

楽天VTIに対してeMAXIS Slim S&P500の方が微妙にリターンが高そう

 

⇒当ブログとしては、米国集中投資をされるのならeMAXIS Slim S&P500を推奨します

 

 4半期ごとに最新グラフに更新しながら、継続して比較していこうと思います。

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村