親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

2018年8月度リターン1位のアセットクラス:先進国株式 +2.2% / 最下位:新興国債券 -2.6%

f:id:kishiyan_y:20180907230929p:plain

      

  

こんばんわ

 

当ブログでは、モーニングスターさんが毎月更新している月次リターン表を、

本家モーニングスター公式HPのTop画面より早く、PRしております・笑

     

 

f:id:kishiyan_y:20180907231244p:plain

 

 

上記の表は毎度おなじみ、モーニングスターさんの月次リターン円換算表で、

先月のアセットクラスリターン1位は先進国株式 +2.2% 、 最下位は新興国債券 -4.1%

でした。 

 

f:id:kishiyan_y:20180907231521p:plain

  

 

ちなみに、先月久しぶりにアセットクラス1位に返り咲いた新興国株式の

リターンは-2.6%と、ほぼドン欠に返り咲きましたね(笑)

 

f:id:kishiyan_y:20180907231701p:plain

 

 

さて、上記リターン表を見る限り新興国クラスがガタガタ状態になっている理由は

忘れもしないトルク通貨リラの暴落が原因となりますが、発端としてはやはり

アメリカの政策金利UPでしょう。

 

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

アメリカの政策金利UPを基にトランプ大統領とトルコ大統領の口撃合戦もあり

トルコ通貨リラが大暴落を始め、新興国通貨全体に波及している形になります。

 

そしてトルコ通貨危機だけにとどまらず、アルゼンチンも自国通貨ペソを守るために

政策金利を60%まで引き上げるも、通貨下落に歯止めがかかりません。

 

f:id:kishiyan_y:20180907232816p:plain

www.bloomberg.co.jp

 

アルゼンチンがIMFに緊急支援依頼を出したのも、自国通貨をさらなる危機に

追い込んでいるとも言われておりますね。

 

今回のトルコ通貨大暴落を発端にギリシャショックの再来か!?とまで言われ

ましたが、何やらトルコ債券を大量に保有しているのはスペインぐらいで、且つ、

そのスペインもトルコ債券を大量に保有していいないそうです。

 

よって先進国株式への影響も大した事ないから+2.2%と思いがちですが、先進国株式の

リターンは、eMAXIS Slimシリーズ各アセットクラスのチャートより、ほとんど

アメリカ一強によることが分かります。

 

f:id:kishiyan_y:20180907233936p:plain

 

この結果を基に「やっぱりアメリカ最強!やっほい♪♪」っなのか?と問われると、

必ずそうとも言い切れません。

 

たしかにここ5年間ぐらいのアメリカの株式リターンは凄まじいものがありますが、

アメリカを代表する株価指数であるS&P500は、2013年からの過去15年間は

最高値更新が出来ない相場を繰り返してきました。

 

  f:id:kishiyan_y:20180907234447p:plain

 

アメリカの企業は投資家への利益還元を大事にする文化があり、今の世界を代表する

企業の多数はアメリカにありますので、実質的な世界経済はアメリカが握ってるのは

事実です。

 

そしてこれませのリターンをもって、アメリカへの集中投資を始めた人も、

多数いらっしゃるでしょう。

 

しかしアメリカ市場のこれまでのリターンがこれからのリターンを保証する訳では

ないことを肝に銘じておく必要はあります。

 

なぜならモーニングスターが予想する2030年時点での米国市場が世界に占める

時価総額の割合は、現在の50%から35%なるとのことです。

 

安く買って高く売るのスタンスからすると、これからの10年間はこれから成長するで

あろう他国の株式を仕込んでおくタイミングに他ならず、これこそ国際分散投資

大切さになります。

 

モーニングスターの予想が当たるかどうかは別として私は、10年後に「買っておけば

良かった!」って後悔しないように、引き続き国際分散インデックス投資を継続して

いこうと思います。

 

さて最後に、当ブログではモーニングスターの円換算・月次リターンを基に、

株式&債券クラスのリターンをプロットし続けていますので、最新.verを添付しようと

思います

 

f:id:kishiyan_y:20180907235432p:plain

f:id:kishiyan_y:20180907235439p:plain

 

やはり、新興国クラスのボラリティははんぱないですね。

さて、来月のアセットクラスリターンNo.1は何なのでしょうか?

 

2018年9月は、リーマンショックから丸々10年の節目となり、S&P500のチャートも

上昇角度がきつくなってきてるので、なんか嫌な感じがします。

 

上がり続ける相場はありませんので、ここ最近の強気相場に載せられて、投資判断が

狂わないように自分としっかり向き合いましょう!

 

リスクは常に、自分の中にあることをお忘れなく

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

 

 

さて今日は、第4回コツコツ熊本があるので、楽しんでこようと思います☆

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村