親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

2018年9月度リターン1位のアセットクラス:コモディティ・原油 +5.0% / 最下位:国内債券 -0.3%

f:id:kishiyan_y:20181008175718p:plain

 

 

おはようございます

 

当ブログでは、モーニングスターさんが毎月更新している月次リターン表を、本家

モーニングスター公式HPのTop画面より早く、PRしております・笑

 

f:id:kishiyan_y:20181008175933p:plain

 

当該記事一番上の表は毎度おなじみ、モーニングスターさんの月次リターン円換算表で

先月のアセットクラスリターン1位はコモディティ原油 +5.0% / 最下位:国内

債券 -0.3%でした。

 

f:id:kishiyan_y:20181008180131p:plain

 

 

さてこの記事を書いてる現在、米国10年債券の利回りが3%を超えて全世界同時に

株価の下落が発生しておりますが、2018年9月は全アセットクラスのリターンは

全地域で上昇しております。特に国内株式が好調でしたね。

 

下記チャートは、eMAXIS Slimシリーズのアセットクラス後とのリターンです

 

f:id:kishiyan_y:20181009050045p:plain

 

 日経平均も久しぶりに24000万円台に回復しました。

 8月はトルコ通貨リラショックもあったりで新興国株式は厳しい展開でしたが、

それもつかの間、新興国株式の9月リターンはS&P500を凌駕しております。

 

JPモルガンによると新興国株式は向こう半年間で15%値上がりも期待できると

言ってますが、はたしてどうなるか!?

 

www.bloomberg.co.jp

 

こうやって月単位でチャートを振り返ると、やっぱ分散投資って大事やな~?って

感じてしまいます。

 

確かに長期的リターンで言うと米国株式市場は非常に強いことは理解しておりますが、

単位月レベルで見ると「新興国株式買っておけば良かった!」って後悔に出くわす

場面が多々有ります。

 

まぁそれもこれも積み立て投資は生活の一部となって、他の趣味・仕事に勤しんでる

人はいいのかもしれませんが、私の様に投資ブログ・飲み会開催を趣味としている

人間にとっては、相場から完全に目を離すのは難しいことなのかもしれません(^^;

 

そもそも、米国株式1本でいこう!と決断できる人で、月単位でもチャートが気に

ならない人っているんかね?

 

私は意志の弱い人間なので、野村つみたて外国株投信で世界中の株式(除く日本)を

買っていないと、不安になってしまいます。

 

 

さて、当ブログではモーニングスターの年次・月次リターン表より、

毎月の株式&債券のリターンを追いかけております。まずは株式クラスから

 

f:id:kishiyan_y:20181009051435p:plain

 

 

次に債券クラスです

f:id:kishiyan_y:20181009051527p:plain

 

 

円換算後の債券クラスは、リターンが奮いませんね。。。

2018年に入って株式市場が崩れ気味になった1月・6月・8月は、債券クラスも軒並み

マイナスリターンとなっております。

 

債券は株式と逆相関の傾向があるのですが、株価下落と同時に為替が対ドル・対ユーロ

円高傾向に振れる為、債券の利回りを吹き飛ばしてしまうからです。

 

上記理由により、私は債券クラスを保有しない代わりに、株式クラスへの投入資金を

抑え気味にしつつ、楽天銀行マネーブリッジ適用&財形貯蓄を債券代わりにしており

ます。

 

最後に、2018年9月度リターン円換算 有り&無しです

 

            f:id:kishiyan_y:20181009052220p:plain

 

上記表をみる限り、円安に振れた為替影響が大きかったことがわかりますね。

 

今月は上旬から相場だだ崩れ状況ですが、コツコツいきましょう★

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村