親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住む、金融業会とは無縁な職種の会社員です。 人生100年時代といわれる世の中を生きていくため、学校はおろか親からも教わったことのない『お金と資産形成』という世界を我が子に教える為、自ら学び・実践しております。 このブログは、その軌跡とアウトップトの集合体です

楽天投信投資顧問からの回答:楽天VTはなぜ目標指数に対して、上下に乖離し続けるのか?

 

こんばんわ、きしやんです☆

 

楽天投信投資顧問が顧客本位の業務運営に関する基本方針として、楽天バンガード

シリーズを基に詳細な情報発信と、個人投資家からの質問に答えるサービスを開始

しました。

 

運用会社が質問に答えてくれるとのことなので、下記記事で書いた通り実行した結果

5月24日(金)に回答をいただいたのです。しかもけっこ~丁寧な回答をして下さり、

楽天投信投資顧問の熱意を感じましたね。

 

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

 

実は楽天投信投資顧問から回答をもらった同じ日に、『個人事業主が節税してイン

デックス投資』の河童様も記事にされていました。ほぼ同じ日に、楽天投信投資顧問

質問者へ回答していた事が分かります。

 

secrets2mysuccess.net

 

 

ちなみに私が質問した内容は、下記の通りです

楽天・全世界株式インデックスはFTSEグローバル・オールキャップ・

インデックス(円換算ベース)(以下、「対象指数」といいます。)に

連動する投資成果を目指しますとあります。

しかし今日までの月次レポートをウォッチングし続ける限り、ほぼ

±0.3%の乖離が発生しております。他社の全世界株式インデックス

ファンドでここまで継続的な乖離は見られません。

何が原因なのでしょうか? これは今後、改善されるのでしょうか?

1.そもそもインデックスファンドとは

お浚いも兼ねて。

インデックスファンドとは、自らが掲げる対象指数(ベンチマーク)に対してパッシブ

運用を行う投資信託を意味します。

 

楽天VTの場合、指数はFTSE・グローバル・オールキャップ・インデックス

(円換算ベース)に対して、パッシブ運用を行っています。ちなみに指数自体は

『配当込み』です。

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

指数の配当込み・含まないに関しては、下記記事を参照願います

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

2.楽天VTはパッシブ運用が出来ていない

当ブログでは毎月、全世界株式インデックスファンドの月次レポートを基に運用成績を

ウォッチングしております。その結果、特に楽天VTはベンチマークに対して上下に

乖離し続けているのです。比較対象として、私が投資している野村つみたて外国株

投信の指数との乖離グラフも掲載します

 

    f:id:kishiyan_y:20190602180545p:plain

 

このことに対して、楽天投信投資顧問に質問しました。たしかブログ記事のURLも

添付したので、上記折れ線グラフは見てくれていると思います。

 

3.楽天投信投資顧問からの回答

頂いた回答の、重要な部分を抜粋します。特に大事なとこを赤文字にしました

楽天・全世界株式インデックスファンド(以下、楽天VT)に関しては、

評価時価の違いがございます。

楽天VTでは純資産のほぼ全額をVT(ETF)に投資しており、VTの評価

には前日の米国終値が使用されます。VTは上場しておりますので、終値

市場参加者の需給によって決定され、その終値には米国外の銘柄を含む

すべての構成銘柄の米国クローズ時点での市場期待値が反映されている

考えられます。一方、対象指数であるFTSEグローバル・オール

キャップ・インデックスは、構成銘柄の現地市場での終値を用いて算出

されています。従いまして、米国銘柄については、VTと対象指数において

評価の乖離は大きくないと考えられますが、米国以外の銘柄については、

各現地市場のクローズから米国クローズまでの数時間における市場評価の

変化による乖離が発生することになります。また、対象指数(米ドル

建て)ではロンドン時間午後4時の為替レートが使用されていますので、

為替レートもVTと対象指数の乖離を生む要因となっています。

繰り返しになりますが、評価時価の違いはあくまで一時点で輪切りにした

ことによる乖離ですので、この乖離は時間の経過とともに収斂していき

ます。

まさかここまで丁寧に回答してくれるとは思いませんでした。

 

頂いた回答を咀嚼すると、指数は現地市場の終値を反映しているのに対して、実際に

運用しているVTは各国の市場終値を反映しています。つまりこの時差が為替差と

なって乖離の原因になっていると、受け取りました。

 

ましてや楽天VTは米国市場がクローズしてから円換算しているので、さらに

時差=為替影響を受けているわけですね。

 

しかし気になったのは最後の『この乖離は時間の経過とともに収斂していきます』

です。楽天投信投資顧問がいう『時間』とは運用期間のことなのか、純資産総額の

増加を意味するのかは不明です。

 

楽天VTを信じれば、いつかは指数との乖離は解消するのでしょうか?

 

4.検証してみます

そもそも楽天VTの指数に対する乖離がどのレベルなのかを、同じ運用期間の

野村つみたて外国株投信と比較します

f:id:kishiyan_y:20190602184746p:plain

 

 

楽天VTの指数との乖離度合いは野村つみたて比で以下の通りです

平均:2.75倍

標準偏差:3.375倍

 

いかに楽天VTの乖離が大きいかが分かりますね。

では次に、楽天VTの指数との乖離と純資産総額の推移を集計しました

    f:id:kishiyan_y:20190602185601p:plain

 

このグラフから楽天VTの指数との乖離を、純資産総額を50億円刻みの区間にて

平均&標準偏差にて比較して見てみましょう

f:id:kishiyan_y:20190602190149p:plain

 

さて。楽天投信投資顧問は『乖離は時間の経過とともに収斂していきます』と回答して

くれましたが、楽天VTは1年半の運用期間と純資産総額が200億円に到達しても、

指数との乖離は収斂する気配がありません。

 

楽天VTはマザーファンド(=ベビーファンド)をイチから作っているので、運用規模で

いうと野村つみたて外国株投信やeMAXIS Slim全世界株(除く日本)と比較すると

まだまだ弱小なのは明白です。

 

楽天VT:200億円

野村つみたて外国株投信のマザーファンド合計:約5700億円

eMAXIS Slim全世界株(除く日本)のマザーファンド合計:4900億円

※2019年6月2日時点での、掲載されている請求目論見書より

 

楽天投信投資顧問の言葉が本当なら、楽天VTの運用が安定するには何億円の

純資産総額が必要なのでしょうか?

 

 

いただいた回答には明確な数値が掲載されてませんでしたし、純資産総額が100億円を

超えても変化が見られないので、あまり期待できないでしょう。

 

そして楽天VTのもう1つの致命的な問題は、eMAXIS Slim全世界株(オールカント

リー)の登場によって存在感が薄れているとこです。個人投資家楽天VTは見限って

いるのは、月次資金流入を比較してみると一目瞭然です。

 

    f:id:kishiyan_y:20190602192723p:plain

 

先月にはついに、楽天VTの月次資金流入量をeMAXIS Slim全世界株(オールカント

リー)が追い抜きました。楽天VTは下手をすると、この先資金の流出超過の可能性が

待ち構えております。

 

以上の検証結果から、楽天投信投資顧問からいただいた回答への熱意と誠意には感謝

申し上げますが、当ブログとしては、楽天VTへの懐疑的なスタンスに変わりはありま

せん。

 

楽天VTのETFを買い付けるだけのスキームをセゾン投信が選択しなかった意味は、

ここにあったのか?この辺はいつか、セゾン投信の中野社長に聞いてみたいとこです。

 

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。

 良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村