親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住む、金融業会とは無縁な職種の会社員です。 人生100年時代といわれる世の中を生きていくため、学校はおろか親からも教わったことのない『お金と資産形成』という世界を我が子に教える為、自ら学び・実践しております。 このブログは、その軌跡とアウトップトの集合体です

楽天VTや楽天VTIの運用対象指数は、『配当込み』です

f:id:kishiyan_y:20190531223604p:plain

 

こんばんは、きしやんです☆

 

2017年秋から楽天投信投資顧問が新設した、バンガードのETFを買い付けるだけの

投資信託。その名は楽天・バンガード・ファンド。

 

セゾン投信もバンガードと協力して投資信託を運用・販売しております。セゾン投信

バンガードのインデックスファンドを買い付けるファンド・オブ・ファンズなのに

対して、楽天バンガードシリーズはバンガードのETFを買い付けるインデックス

ファンドです。

 

 

両社の大きな違いは、端的には信託報酬の差です。信託報酬の観点ではセゾン投信

バンガードバランスファンドより、楽天バンガードシリーズの方が圧倒的に低コスト

です。同じ全世界株式の投資信託なら、コストが安いに越した事はない!という理由で

楽天バンガードシリーズは大変人気を集めています。

 

特に楽天VTと楽天VTIの登場はバンガードの人気ETFを円建てにて、手間なく

買えるようになり大変人気となりました。

 

しかし私は楽天バンガードが登場した時から、常に懐疑的な眼差しで見ていました。

特に楽天VTですね。あのセゾン投信ETFを買うだけのスキームを選択しない理由が

どこかにあるのではないか?と思い、常に運用対象指数との乖離をウォッチングし

続けてきました。

 

当ブログの読者様ならご存知の通り、楽天VTは自らが交付目論見書で掲げるFTSE・

グローバル・オールキャップ・インデックスに対して、全くもってパッシブ運用が

できていません。

 

そしてつい最近、楽天バンガードHEADS』なるサービス?サイト?が立ち上げられ

ましたが、楽天VTの運用が不安定なのは下記記事で解説した通りであります

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

 さて上記の添付記事ですが、最後に記載したとおり何故楽天VTが指数に対して

パッシブ運用ができないのか?を質問し、先週末に回答をいただきました。

 

それに対してアンサー記事を作成しようと思ったのですが、今思えば楽天VTや

楽天VTIが運用対象としている指数は、配当込みなのか含まないのかを把握して

ませんでした。なもんで今日、楽天投信投資顧問に電話確認したのです。

 

電話確認結果、楽天VTと楽天VTIが運用対象指数としている

楽天VT:FTSE・グローバル・オールキャップインデックス(円換算ベース)

楽天VTI:CSRP・USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)

は、『配当込み』にて運用していると回答をいただきました。

 

おそらく楽天VWOや楽天VYMも同じでしょう。

楽天バンガードシリーズは『ETF』を買い付ける投資信託であり、ETFからの配当金は

基本的に再投資されています。なもんで、楽天バンガードシリーズの運用対象指数が

『配当込み』じゃないと、常に指数に対して上方乖離するはずです。

詳しくは下記記事を参照ください

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

楽天投信投資顧問からの正式回答をもって、 楽天バンガードHEADSの回答がどこまで

信憑性があるのかを、次の記事にて検証してみたいと思います。

 

 

・・・。

 

 

最近本業が忙しいので、もしかしたら2週間ぐらい先になるかもしれません(^^;

のんびり待っててください(笑)

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。

 良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村