親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

楽天VTの実質コストが判明! 実質コストは0.502%と終わってる・・・orz

         f:id:kishiyan_y:20180919200459p:plain

 

 

こんばんわ

 昨年の9月29日に爆誕した、みんな大好き楽天VTの運用報告書が公開されました

 

中身をのぞくと、やはり私が下記記事にて申した通り、メッキが剥げた高コスト

インデックスファンドだということが判明しました

 

その実質コストはなんと!0.502%です。。。

 

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

 

 

よければ本日アップした、下記記事も御覧下さい

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

 

では楽天VT運用報告書P5の1万口当たりの費用明細を見てみましょう

 

f:id:kishiyan_y:20180919193441p:plain

 

楽天VTの信託報酬は0.1296%ですが、上記表のAには、決算までの日割りにおける

信託報酬0.098%と記載されております

 

まずは信託報酬0.1296÷0.098=1.322449の係数を出します

 

この係数を、上記表のBで囲ってる合計0.304にかけると0.402024(≒0.402)に

なります。

 

この0.402にバンガードVTの経費率である0.1%を足すと、楽天VTの年間実質

コスト0.502%が算出できました。

 

 

では次に、2018年つみたてNISAを目前に新設された注目インデックスファンドの

実質コストを振り返りましょう。

 

オリジナルeMAXIS Slim全世界株:0.2143%

eMAXIS Slim全世界株(除く日本):0.2456%

野村つみたて外国株投信(除く日本):0.2508%

楽天VT:0.502%

 

楽天VTの実質コストが、ブッチギリで高いのが分かります。。。

 

楽天VTは海外ETFを買い付ける手間を代行してもらう為に、信託報酬0.1296&+αなら

払う価値があったのに、VTの経費率を除いた0.402%のコストを払ってたら、そらぁ

野村つみたて外国株投信にリターンで勝てませんわ。

 

有名なブロガーさんは1年後の運用報告書が出るまで待とうと言われてましたが、

それは正解だったようです。

 

下の折れ線グラフは本日アップした記事のものですが、楽天VTの対象指数である

FTSEグローバル・オールキャップインデックスと、野村つみたて外国株投信の

対象指数MSCI ACWI(除く日本)のリターンに差異はありません。

 

     f:id:kishiyan_y:20180919195115p:plain

 

 

指数同士のリターンが同じなのだから楽天VTに目が眩まなくとも、最初から

野村つみたて外国株投信にしておけばOKだったことが、本日をもって

証明されました。

 

楽天VTは現物株式運用ではないので、これからも海外ETFを買い付ける為替影響と、

米国で課税される分が改善されると思わないので、今後も楽天VTに拘る人は

野村つみたて外国株投信やeMAXIS Slim全世界株(除く日本)に対して倍近いコストを

払い続けて、己のリターンを押し下げることになるでしょう。

 

楽天VTのVTを作ったバンガードの創設者、ジョン・C・ボーグルは著書

インデックス投資は勝者のゲーム』の「第5章もっともコストの低いファンドに

集中せよ」にて、下記のように言っています

 

投資家は、経費率をファンド選択の第一の基準とすべきである。経費率は

もっとも信頼に足る、パフォーマンス予測の材料であり続けるのだ。

 

つまり我々投資家がとるべき判断は、「コストが安いインデックスファンドにする」

そう、明確なのです。

 

 

-------------------------------------2018年10月31日追-----------------------------------------------

 

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村