親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住む、金融業会とは無縁な職種の会社員です。 人生100年時代といわれる世の中を生きていくため、学校はおろか親からも教わったことのない『お金と資産形成』という世界を我が子に教える為、自ら学び・実践しております。 このブログは、その軌跡とアウトップトの集合体です

(雑記)これが高齢者社会というものか

 

不定期の雑記です。

 

本日、妻の免許の更新に付き添って免許センターへ行きました。

生後1か月の赤ん坊を家に置いておくわけにもいかず、私が育休中なので同伴

したのです。

 

そして免許会場で見たのは、異様な光景です。

平日だというのもあって、会場にいる人の8割は60歳以上の高齢者でした。

そんな会場で一人、赤ん坊を抱っこして妻の戻りを待つ俺の浮いてる姿。

私が住んでいる熊本の地域は日本でも有数の人口増加地帯です。しかし、県全体で

みると少子高齢化の流れは変わりません。

 

重複しますが、免許センターに行ったのが平日だから高齢者の割合は多かったのですが

これから20年・30年と経つと、日本中で周囲の6~7割が高齢者になります。

 

そして今回の免許更新に付き添った際に驚いたのが、70歳以上の人が運転免許を

更新するのに受けないといけない講習が、受講者が多すぎて4ヵ月待ちだとか。

 

この記事は雑記なのでいちいち裏取りはしてませんが、もし70歳以上の人が講習の

予約待ちで免許更新期限が失効した場合、どうなるんですかね?

 

もちろん運転は駄目なのでしょうが、その際に最寄りに公共交通機関がなかったら、

こんな田舎の熊本でどうやって生活するのか?

 

熊本なんかそもそも電車もまともに通っておらず、走ってるタクシーの運ちゃんは

皆高齢者。

 

今でこんな状態なんやから、今後20年とか経ったら免許の更新もさらに待たされ、

その間生活すればいいのか?

 

住む場所を固定することは、今まで以上にリスクを伴うと実感した1日でした。

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。

 良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村