親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住む、金融業会とは無縁な職種の会社員です。 人生100年時代といわれる世の中を生きていくため、学校はおろか親からも教わったことのない『お金と資産形成』という世界を我が子に教える為、自ら学び・実践しております。 このブログは、その軌跡とアウトップトの集合体です

(雑記)ドラッグストアに感じる限界と、利用する側のジレンマ

     f:id:kishiyan_y:20191122093834p:plain

 

セルフメディケーション税制とは、市販されている薬が一定の条件を満たせば

医療費控除の特例として所得控除の対象となる制度です。

 

社会保障費の増大に対応するために、国としては医療機関で受診する前の予防的な

処置として、市販薬を使ってほしいと考えております。私も国の台所事情は

知っているので、医療機関へ不要な受診は避けたいと思っています。

 

 

さて先週の木曜日の朝、寝起きと同時に左眼が目やにだらけでビックリしました。

充血はそんなに酷くなかったから放置していたんですが、土曜の昼には東京グールの

金木研みたいになってましたね。

    f:id:kishiyan_y:20191209200801p:plain

 

日曜の昼に妻から新生児いるから眼科にいけと言われたものの、日曜なんで

病院開いてない。よって俺は、週明けまで金木状態で待つしかありません。

 

そこで近所のコスモス薬品に行って、薬剤師さんに症状(目やに凄い、金木みたい)を

伝えたら、結膜炎用の抗菌目薬を勧められました。プライス・イズ1600円。

 

たけ~な~と思ったので、結局買わずに帰宅。

 

そこで本日、眼科に行ってきました。

問診で咽に痛みないか?とか、風邪に似た症状ないか?と聞かれ、『ありますね~』と

答えていたら、頷きまくる看護師さん。呼ばれる診察室。

 

俺:(やっぱり、何たらウイルス系の結膜炎かな~)

 

医者:あ~これ、アレルギー反応ですね。他の人にうつったりしないから、

   心配しないで良いですよ。

 

俺:え?目、真っ赤なんですけど?花粉症みたいに痒くないですよ?

 

医者:はい。検査しましたが、アレルギー反応ですね。抗アレルギー用の点眼薬を

   出しておきますね。

 

 

会計したら、プライス・イズ1500円。

 

さてここで、ドラッグストアで勧められた目薬の金額を思い出して下さい。

抗菌の目薬1600円です。

 

しかし眼科で払ったのは、『受診料込みで』自己負担1500円です。

 

仮にドラッグストアで目薬買ったら1600円払って、結局治らず眼科を受診する流れに

なりました。追加で1500円の負担です。

こんなんだとセルフメディケーションという制度があっても、利用率がどこまで高く

なるか怪しいですね。

 

眼科での負担1500円のうち、残り7割に該当部分は健康保険料から出ているから、

『誰かの出費』っていう観点だと、実際はもっと大きなお金が動いています。

 

社会保障費抑制の観点からも、ドラッグストアにはもっと高度な医療判断をさせれる

場所にしていけないもんですかね。

 

そんなことを感じた1日でした。雑記にしては長かったかな(^^;

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。

 良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村