親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

祝!野村つみたて外国株投信の純資産総額が20億円に到達

ãéæè­å¸ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

おはようございます。

 

FOY2017で堂々の4位となった、我が家の主力投資信託である

野村つみたて外国株投信の純資産総額が、2017年10月2日から運用が開始され

2018年5月21日(231日目)にて、やっとこさ20億円に到達しました☆

 f:id:kishiyan_y:20180523213159p:plain

 

 

 

 1.野村つみたて外国株投信とは?

野村アセットマネジメントが運用する、超低コストのインデックスファンドであり

・目標指数:MSCI ACWI(除く日本)

  ⇒地域構成割合おおむね 先進国:新興国=8.8:1.2

 ・信託報酬:0.19%

 ・推定実質コスト:0.231%

 野村つみたて外国株投信が利用するマザーファンドはFunds-i外国株&新興国株と

 同じですので、双方ファンドの実質コスト-信託報酬を

 先進国株式(0.021%):新興国株式(0.191%)を8.8:1.2で加重平均すると

 (先進国株:0.021×0.88)+(新興国株:0.191×0.12)+0.19=0.231%(推定)

     

       f:id:kishiyan_y:20180520212153p:plain

 

野村つみたて外国株投信は新興国株式を含みながらも信託報酬を0.2%以下に

抑えられた商品で、設定された時は大注目を浴びたものの、時期と敵が悪く、

純資産総額の伸び(=投資家の支持)は芳しくありませんでした。

 

2.野村つみたて外国株投信が躓いた3つの出来事

<1つ目:楽天・全世界株インデックスファンドの登場>

野村つみたて外国株投信発表前に、楽天投信顧問がバンガードと協力した強力商品

楽天・全世界株インデックスファンドを発表されました

 

日本の個人投資家はバンガードのETFである「VT」への憧れが凄まじいのです。

しかし実際にVTを買ってる人は決して多いわけでなく、その理由として

・円をドルに変える手間

・ドルで再投資する手間

・外国税を確定申告で取り返す手間

この三大手間があるからVTの購入に踏み切れなかったのが、楽天・全世界株

インデックスファンド登場により全て解決

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

野村つみたて外国株投信が集めた注目はほとんど全て、 楽天・全世界株

インデックスファンドに持っていかれました

 

 

<2つ目:eMAXIS Slim新興国株式の信託報酬値下げ>

 2017年12月13日に、eMAXIS Slim新興国株の信託報酬が0.339%→0.19%に

下がりました。

 

いくら信託報酬の安いインデックスファンドといえど、新興国株式クラスは

気楽に手が出せる信託報酬の値ではなかったのですが、この対応にて

「超低コスト」と言える水準になり、バランスファンドとして新興国株式を

保有する野村つみたて外国株投信の魅力が低下しました

 

<3つ目:eMAXIS Slim先進国の異次元値下げ

2017年12月29日に、目ん玉飛び出る出来事が起こりました

 

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

この出来事により、野村つみたて外国株投信を買うより個別でeMAXIS Slim

先進国と新興国を個別で8.8:1.2にて購入するほうが、超低コストな

ポートフォリオが出来上がるようになったのです。

 

 3.安定した資金流入が続く

野村つみたて外国株投信は設定来から様々な外乱があったものの、

2018年1月のFOY2017にて4位の結果を受けてから、資金流入は毎月3億円を

超えだし、それが今んとこ安定的に続いております

 

    f:id:kishiyan_y:20180523182238p:plain

 

野村つみたて外国株投信の純資産総額が100億円の大台まで到達する時間を

単純計算すると、後80億円÷12ヶ月≒27ヶ月目に達成の見通しです。

 

野村證券は過去に2回、個人投資家を裏切った経緯があるので、この野村つみたて

外国株投信にて、汚名を返上して欲しいもんです。

 

 

頑張れ!野村つみたて外国株投信!!

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村