親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

毎日投資+スポット追加投資 vs 毎日投資を2倍にした つみたてNISA

     ãï½ï½ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

おはようございます。

当ブログにて不定期で行う対決系シリーズです。

 

今回の対決はまとまった投資用資金がある場合、つみたてNISAで毎月3.33万円

積立ながら、ボーナス毎に特定口座で20万円のスポット投資をした場合と、

所帯持ち世帯のみが実現できる2倍界王拳つみたてNISAの場合、どちらが

リターンが大きいかを検証したいと思います。

 

結論から言うと、さっさと夫婦二人分のつみたてNISA口座を作った方が、

効率がよろしいです!

 

では対決系の細かい検証をしてみたいと思います。

 

良ければ、土曜の夜中にアップした記事も宜しくお願いします

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

2018年から年間40万円の非課税投資枠を20年間与えられる、つみたてNISAが

始まりました。

 

しかし従来NISAと違って年間投資枠が1/3と少ないことから、既に投資を始めている

投資家たちから不満の声があります。

 

子育て世代による投資による資産形成を実践・応援している当ブログとしては、

夫婦二人でつみたてNISAを利用することで、合計1600万円の非課税枠となる

2倍界王拳つみたてNISAを提案しております

www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

 

 

しかし夫婦二人分のつみたてNISAを作るには配偶者の理解が必要&手間が

かかりますし、まとまった投資用資金を特定口座にてボーナス時期に20万円×年2回

ずつの合計40万円を追加投資して、早く市場にお金を投入したがる人がいるのも

事実です。

 

ここで注目なのが、2倍界王拳つみたてNISAと、1人分のつみたてNISA+ボーナス

買付けも、年間投資額は同じになります

 

■2倍界王拳つみたてNISA

つみたてNISA:6.66万円×12ヶ月=80万円

 

■つみたてNISA+特定口座ボーナス買付け2回

・つみたてNISA:3.33万円×12ヶ月=40万円

・ボーナス買付け:20万円×2回=40万円

⇒合計80万円

 

 

ここで忘れてはならないのが、特定口座にてボーナス買付けをした分は、

売却時に20.315%の課税が待ち構えております。

 

売却するタイミングは個々の家庭によりますので、ここでは検証を公平にする為に

特定口座でのボーナス買付け時に20.315%の課税を与えて、実質投資金額は

買付け金額20万円×79.685%(課税後)=15.937万円とします

 

では上記条件の基、運用期間が10年以上あるセゾンバンガード・グローバル・

バランスファンドを題材に、検証してみたいと思います

 

    

   f:id:kishiyan_y:20180506125647p:plain

 

2007年3月から2018年3月までの投資累積元本886万円に対して、

それぞれのリターン&収益率は

・2倍界王拳つみたてNISA:12,693,181円(+43%)

・つみたてNISA+ボーナス2回買付け:11,210,308(+26%)

 

2倍界王拳つみたてNISAの方が、非課税で運用できる+20%相当の差が出る

結果となりました。

 

最初の4年間ぐらいはほとんど差異が見られませんが、毎月積み立てるによる

メリットは、少しでも早く市場へお金を投入するこで期待リターンを得られる時間が

長くとれます。

 

毎日積立と毎月積み立てでは、毎日の方が若干リターンが高いのも、市場へお金を

投入している時間が長くとれからです。

 

積み立て投資は、相場下落時にいかに多くの口数を買い込むかがリターンに影響を

与えますので、次はリーマンショックのダメージが回復してきた2012年から

この2つの条件で積み立て投資を行ったらどうなるのを検証します

 

    f:id:kishiyan_y:20180506130857p:plain

 

上昇相場に於いても、2倍界王拳つみたてNISAの方が良い結果となりました。

 

 

今回この検証を行った背景には、著者:星野 泰平による「積立投資のすべて」という

本の中で「積み立て+ボーナス買付けによる収益率向上」という手法が

紹介されておりました。

 

 

             

 

この著書では買付け口座による課税・非課税という分け方はせず、あくまでも

積み立て手法違いでの検証結果が紹介されていたのですが、長期投資の父である

岡本和久さんは買付け口座を分けるアセット・ロケーション(非課税口座を使う)が

大事だと言われているので、2018年版積み立て投資という観点で検証してみました。

 

最後におまけとして、ボーナス買付けを非課税にした場合のグラフを添付します

 

f:id:kishiyan_y:20180506133140p:plain

 

意外にも2倍界王拳つみたてNISAが僅差で良い結果となっております。

 

<まとめ>

課税される分は確実なコストとなってリターンを低下させますので、NISA、iDeco等の

非課税枠を有効に使う事が重要です。

 

よほどの暴落を狙えない限り、インデックスファンドを用いたタイミング投資で

課税される20%以上のリターン差を生み出すのはとてもハードルが高いことが

分かりました。

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村