親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

2018年 1月度リターン1位は国内REIT+4.9%です

f:id:kishiyan_y:20180207153757p:plain

 

 

今週は相場が賑やかですね~

 

私は今週、「腰」という大事な人的資産をやってしまい、小鹿みたいな動きで

ヒーヒー言いながら過ごしております・苦笑

 

さて、今回の相場上下に対する記事は別途書くとして、毎度おなじみ

モーニングスターさんの年次・月次リターンの円換算表です。

 

国内REITが上昇している噂はありませんでしたが、不思議と1位です。

 

2位・3位は相変わらずコモディティ原油新興国株式で、好調なリターンを

出しております。

 

株式クラス全体の月次リターンは、下記の通りです

 

f:id:kishiyan_y:20180207154346p:plain

 

 

先進国株式は年末から年明けしばらくは急上昇したイメージがあるんですが、

モーニングスターさんの月次リターンって、何日締めなんですかね?

 

下記グラフはモーニングスターの先進国株式指数(≒MSCIコクサイ)ですが、

2018年1月に該当する期間はほぼ全面高なんですが・・・

f:id:kishiyan_y:20180207154836p:plain

 

 

上記グラフの右端を見ると分かるとおり、2月になって株価の調整が入りだしたので、

今週は朝のニュースでも株価暴落!暴落!!暴落!!!って報道されています。

 

 

2017年はずーーっと株価上昇が続いていた反面、債券クラスはほぼ毎月

0%~マイナス圏内を推移していました。

 

 

f:id:kishiyan_y:20180207155433p:plain

 

 

株価と債券は逆の動きをすると言われますので、2月のリターンは完全に

逆転するかもしれません。

 

しかし債券クラスは金利が上昇すると、市場に出回っている債券の価値が

下がりますので、債券インデックスファンドの基準価額は下落することになります。

 

インデックス投資はタイミング投資を想定されていないのですが、

金利が正常値に上昇(債券クラスの基準価額下落)するまで、債券クラスに

手を出そうと思えません。

 

特に海外債券は為替影響をモロに受けます。

 

債券の金利が上昇することによって株価が下落に転じると、安全資産と

見られている円が買われて円高が進行しやすいので、相対的に海外債券クラス

インデックスファンドの基準価額は下落します。

 

我々が海外株式&債券を投資信託によって買う場合、円建てで投資信託

買っているだけで、投資信託外国通貨に換金して、海外資産を買っています。

 

よって為替ヘッジをかけていない限り、海外資産を買い付ける投資信託

円高によって基準価額は低下していくことを、お忘れなく。

 

さて、今週の相場上下に対する記事を書きますかね~

 

あ~腰痛い・・・・

 

 

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村