親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

相変わらず実質コストが高い: ニッセイ外国株式インデックスファンドの運用報告書全体版より

  f:id:kishiyan_y:20180119062949p:plain

 

 

Fund of the Year 2014から三連覇、Fund of the Year 2017では二位になった

大人気・常勝の<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの

運用報告書全体版がUPされました。

 

え~結論から言いますが、純資産総額700億円近い巨大ファンドに成長しても、

相変わらず運用コストは非常に高い!

 

ではさっそく、常勝ファンドの運用成績を見てみましょう!!

 

 

運用コスト観点 

 

 

f:id:kishiyan_y:20180119053620p:plain

 

 

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株インデックスファンドの

信託報酬は0.215%(上の赤線部位)です。

 

しかし、その他の運用コストを積み重ねると、1万口当たりの追加コストは

0.1%(青枠内)発生しており、

これを信託報酬0.215%(赤線部位)に加算した

下段赤枠内の0.315%が、ニッセイ外国株インデックスファンド1年間に

払っている実質コストです。

 

 

 

King of 安定運用の、たわらノーロード先進国株の運用報告書と比較してみましょう

 

f:id:kishiyan_y:20171215204243p:plain

 

たわらノーロード先進国株の実質コストは0.281%で、自室コストから

信託報酬を引くと運用での追加発生コストは0.038%と、ニッセイの半分以下です。

 

 運用コスト観点で見ると、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式

インデックスファンドは、相変わらず運用コストが高いです。

 

信託報酬値下げ後を考慮した、先進国株インデックスファンドの、実質コスト

ランキングが下記表です。

      f:id:kishiyan_y:20180119062733p:plain

 

ニッセイさん、運用コストが0.019%改善したとは言え、ドン欠からの

脱却にはまだまだ遠いですね。

 

それにしても純資産総額が700億円近くある巨大ファンドにも関わらず、

この成績は「相変わらず」微妙です。

 

 

ベンチマークとの乖離観点

 

f:id:kishiyan_y:20180118220545p:plain

ニッセイ外国株式インデックスファンドの目標指数はMSCI-コクサイ(配当込み

なので、先進国の株価経済指数の成長分に、しっかり追従した運用が

出来ていますね。

 

 

モーニングスターのチャートグラフで、たわら先進国株とも比較したかったのですが、

グラフが表示されない・・・

 

f:id:kishiyan_y:20180119063413p:plain

 

トータル1年リターンで見ても、両ファンドとも指数に対して-0.77%程ですが、

実質コストはたわら先進国株の方が優秀なので、個人投資家にとっては

実質リターンはたわら先進国株が高いことになります。

 

 

<まとめ>

交付目論見書でもモーニングスターでも、信託報酬とは別に実質コスト&

推定実質コストを記載してほしいですね。

 

モーニングスター上記表に記載されてる「経費率」が近い値になりそうです

 

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村