親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆

熊本県菊池郡某所に住んでる妻子持ちのサラリーマンです。投資信託による国際分散投資をしてます。難しい事は分かりませんが、初心者&入門者や、資産形成を気にすらしていない人達の役に立てそうな、等身大での資産形成ブログを目指して行きたいです

ニッセイAMが<購入・換金手数料なし>シリーズの信託報酬を値下げする発表をしました

f:id:kishiyan_y:20170927193156p:plain

 

ニッセイAMのプレスリリースによると、11月21日を皮切りに、信託報酬を

下げる発表をしました。

 

注目の先進国株式インデックスファンドは、最安値0.189%と、0.1%刻みでの

攻防が始まりましたね。

 

これはFOY2017での先進国株式インデックスファンドで、4連覇を狙っての

ことでしょうか?

 

f:id:kishiyan_y:20171006225631p:plain

 

 

信託報酬を値下げする場合は主に、自社グループ内で完結できる委託会社の

取り分を下げるのですが、ニッセイは今回販売会社の取り分を削ってきている所は

非常に応援したいところですね。

 

しかしながら大人気の<購入・換金手数料なし>外国株式インデックスファンドは、

昨年?のトラッキングエラーや実質コストが高いところもあり、マニアな

投信ブロガーからは犬猿されがちですが、一般の人はそんなところを気にしないので

見た目性能が同じなら見た目コストが安いほうを選びます。

 

よって、今回のニッセイの信託報酬最安値更新は今の人気を維持して

FOY2017上位入賞を狙うことで、今まで通りポートフォリオ登録ランキング上位を

維持する⇒新規顧客獲得に繋がる戦略であり、儲け所をしっかり分かってますね。

 

インデックスファンドは信託報酬が低いから、運用金融機関としては利益を

上げにくいので、新規顧客獲得は非常に大事です。

 

重複しますが、一般の人からしたら先進国株式インデックスファンドは

信託報酬以外全て同じ感覚ですから、みんな大好き「ランキング上位」にいるのは

それが間違いない証明(後押し)となって選んでくれます。

 

来年から積立NISAが始まるのをいろんなメディアで取り上げられてますから

このスタートで多くのファンを獲得することは、金融機関からしたら長期顧客の

獲得となりますから、どこも必死ですな。

 

しなしながら信託報酬を下げてくれるのは嬉しいのですが、過度な

値下げによって意味不明な途中償還となり、長期投資放棄されないことを祈ります。

 

さて、積立NISAの年間枠40万円って少なくないですか?って質問を頂いたので

それに対する考察をこれから書こうと思います が、疲労困憊で

ビール飲んでるからアップするのは明後日かな・汗

 

 

↓↓ブログランキングの投票ボタンです。良ければ、ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです☆ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村